含み損と含み益を相殺してポジションを整理しました。

12月7日の結果は、
【初級編】0円
【中級編】-44円
【合計】-44円
【月累計】6,260
でした。

初級編は、約定ゼロでした。

中級編は、含み損と含み益の相殺が発動してポジションを整理しました。
スワップポイントのマイナスがあったため、マイナスの結果になっています。

今月は初級編のバージョンアップ前に保有していたポジションが完全に消化できていないため、ポジション数が多めな状況です。

早く決済したいですね。

日報

クロス円の資源国通貨の下げが目立ちます。

12月5日~6日の2営業日の結果は、
【初級編】1,813円
【中級編】1,427円
【合計】3,240円
【月累計】6,304
でした。

クロス円が下落しています。特に資源国通貨の下げが目立ちます。

ユーロは比較的持ちこたえている状況です。

米雇用統計を控えている直前は、静かな相場が多いので、今日みたいな動きは珍しいかもしれません。

明日にまたもう一段動きが高まるかもしれませんね。

日報

米ドルが売られていますね。

12月3日~4日の2営業日の結果は、
【初級編】3,215円
【中級編】-151円
【合計】3,064円
【月累計】3,064
でした。

本日の約定はゼロでした。すべては、月曜日の窓開けスタートによるプラス額です。

米ドルが売られていますね。じわりじわりと売られ続けるとみています。

年末のラスト月なので、トレンドが発生して、一方的な動きになるのではと期待しています。

日報

初級編のトレード方法をバージョンアップしました。

しばらくぶりに、初級編のトレード方法をバージョンアップしました。

今回の変更は、革新的だと思っています。

今まで150種類のトレード方法で運用していましたが、今後は490種類の中から90種類を使ってトレードする方法になります。

トレードするレートがじわりじわりと変化していき、トレードレンジが現在のレートに追随していく方法です。

この方法に変えることで、幅広いレンジでトレードできるだけでなく、含み損の額を小さく抑えられ、リスクをさらに減らせられます。

また、トレード数を減らした分を、1回の取引数量に上乗せでき、プラス額が大きくなることが期待できます。

是非、12月からのブログ更新を楽しみにしていてください。

2018年11月のトレード成績

2018年11月のトレード成績は、25,638円という結果となりました。

33カ月をトータルすると554,155円のプラスで55.41%の収益です。

税金分を引いた利益は47.46%です。
月利1.5%の33カ月の複利運用の目標値は63.44%です。

11月の約定回数を集計すると、初級編の注文が30でした。
中級編は、損切りの方法を新しい案を検証していました。
メンタルが楽な損切りだったので、採用がほぼ確定です。

11月の結果のグラフは、下図の通りです。

月の前半が非常に良いペースのスタートでしたが、後半に減速してしまいました。ずっと絶好調が続くことはないので、減速に関しては気にする必要はないですね。

今月は、久しぶりに初級編のバージョンアップをすることを決めました。
今回の変更点は、かなり良いです。

変更点を思いついたとき、なんでもっと早く気付かなかったのかと思ってしまうくらい単純ですが、リスクが減って、トレードの幅が広がっています。

期待していてください。

当ブログで紹介するトレード方法に興味を持たれた方は、ブログ紹介のページから閲覧ください。
 ブログ紹介

月報