2017年8月のトレード成績

2017年8月のトレード成績は、66,882円のプラスという結果となりました。

月初めにバージョンアップをした際に、含み益が出ていたポジションを決済した金額が44,862円分あったので、実質22,020円のプラスです。

18カ月をトータルすると340,635円のプラスで34.06%の収益です。
月利1.5%を18カ月継続すると30.73%になるので、税引き前では余裕を持って達成した数字になっています。

税金分を引いた利益は30.13%となったので、今後は税引き後で月利1.5%を超えていけたら理想です。

8月の約定回数を集計すると、バージョンアップ前の注文の約定が29回、円高用のオーダーが12、円安用のオーダーが9回でした。

今後は、バージョンアップ後の約定回数だけを集計していきます。

8月の結果のグラフは、下図の通りです。

2017-08

8月7日の大きな山が、バージョンアップした影響です。

今後のトレード結果としては、少し約定回数が減って、約定したときの1回の金額が大きくなると思います。

8月の中旬から下旬にかけてのグラフが、特徴を表しています。
バージョンアップしたことで、相場の広い範囲で保有ポジションの数量が安定しています。
(今までは、取引数量が多い相場と少ない相場に波がありました。)

今後の利益率アップが期待できます。

当ブログで紹介するトレード方法に興味を持たれた方は、実質無料で公開していますのでブログ紹介のページから閲覧ください。
 ブログ紹介

月報

2017年7月のトレード成績

2017年7月のトレード成績は、5,332円のプラスという結果となりました。

17カ月をトータルすると273,753円のプラスで27.37%の収益です。
月利1.5%を17カ月継続すると28.80%になる計算ですので、1%以上不足してしまいました。

税金分を引いた利益は23.45%となります。

トレードで計画通りに収益が推移することは困難だと言われていますので、今までが順調だっただけかもしれませんが、ちょっと納得できる成績ではありませんでした。

7月の約定回数を集計すると、レンジ相場用のオーダーが21、トレンド相場用のオーダーが2回でした。

2017年3月からの5カ月間の累計は、レンジ相場用のオーダーが134、トレンド相場用のオーダーが48回の約定回数となります。

7月の結果のグラフは、下図の通りです。

2017-07

やはり、7営業日連続の0円はきつかったです。
それだけではなく、1日で1000円以上のプラスが出た日が1日もありませんでした。

新規にポジションを取る方向に動いた月だったという結果でしたので、今後のための充電期間と考えればいいのかもしれませんが、ちょっと寂しい結果です。

考える期間ができたので、トレード方法のバージョンアップを今一度行って、もっと元金を有効に使えるように改善しようと思っています。

当然、安全第一という方針だけは変えずにいきます!

当ブログで紹介するトレード方法に興味を持たれた方は、実質無料で公開していますのでブログ紹介のページから閲覧ください。
 ブログ紹介

月報

2017年6月のトレード成績

2017年6月のトレード成績は、17,737円のプラスという結果となりました。

16カ月をトータルすると268,421円のプラスで26.84%の収益です。
月利1.5%を16カ月継続すると26.89%になる計算ですので、わずかではありますが初めて宣言している数字を下回ってしまいました。
残念!!

税金分を引いた利益は22.91%となります。

6月の約定回数を集計すると、レンジ相場用のオーダーが28、トレンド相場用のオーダーが16回でした。

2017年3月からの4カ月間の累計は、レンジ相場用のオーダーが113、トレンド相場用のオーダーが46回の約定回数となります。

6月の結果のグラフは、下図の通りです。

2017-06

レンジ相場用のオーダーは、3月から6月までの4か月間はほとんど約定回数が変わっていません。
金額に差が出ているのは、トレンド相場用のオーダーの数の違いです。

7月はどう動くでしょうか?

6月末から値動きが良くなりましたが、この動きが一時的なものかどうか判断できませんね。

どんな動きになっても、当ブログの方法は、コツコツと地道に利益を積み上げていきます。

当ブログで紹介するトレード方法に興味を持たれた方は、実質無料で公開していますのでブログ紹介のページから閲覧ください。
 ブログ紹介

月報

2017年5月のトレード成績

2017年5月のトレード成績は、11,262円のプラスという結果となりました。

15カ月をトータルすると250,684円のプラスで25.06%の収益です。
月利1.5%を15カ月継続すると25.02%になるので、ピタリですね。

税金分を引いた利益は21.14%となります。
2017年に入ってからの静かな相場が今後も続くと、6月から宣言している数字を割り込んでしまいそうです。

5月の約定回数を集計すると、レンジ相場用のオーダーが28、トレンド相場用のオーダーが8回でした。

2017年3月からの3か月間の累計は、レンジ相場用のオーダーが85、トレンド相場用のオーダーが30回の約定回数となります。

5月の結果のグラフは、下図の通りです。

2017-05

5月の約定回数は、ほとんど4月と変わりませんでした。
平均して動きが小さい月でしたね。

トランプ相場の大きな動きが落ち着いて数カ月が経過しています。

そろそろトレーダーたちは大きな動きが来るだろうと動くタイミングを待っている状態です。

何かの拍子に大きく動くことを期待していましょう。

当ブログで紹介するトレード方法に興味を持たれた方は、実質無料で公開していますのでブログ紹介のページから閲覧ください。
 ブログ紹介

月報

2017年4月のトレード成績

2017年4月のトレード成績は、12,079円のプラスという結果となりました。

14カ月をトータルすると239,422円のプラスで23.94%の収益です。
月利1.5%を14カ月継続すると23.75%になる計算ですので、宣言通りの成績です。

税金分を引いた利益は20.01%となります。
20%に達するのに14カ月かかっていますが、この成績を良しと考えるがどうかは個人差があるかと思います。

安全第一の当ブログは、月利1.5%が適性と考えております。

4月の約定回数を集計すると、レンジ相場用のオーダーが29、トレンド相場用のオーダーが8回でした。

2017年3月からの2か月間の累計は、レンジ相場用のオーダーが57、トレンド相場用のオーダーが22回の約定回数となります。

今月も約定回数が乏しい月だったので、少し物足りないですね。

4月の結果のグラフは、下図の通りです。

2017-04

4月の出だしは順調だったのですが、月の中旬の動きがよくありませんでした。

今月はフランスの大統領選のイベントで、大きく相場が動くことを期待していたのですが、24日の窓あけスタートくらいの小さい影響に留まっています。

個人のトレーダーは、相場の動きまでコントロールできませんので、相場の動きに合わせて、自分がどうするかを決めておくことが大切です。

当ブログのトレード方法は、あらかじめ201通りのIFD(イフダン)注文を決めていて、それ以外のオーダーは一切行っておりません。

当ブログで紹介するトレード方法に興味を持たれた方は、実質無料で公開していますのでブログ紹介のページから閲覧ください。
 ブログ紹介

月報