2016年6月のトレード成績

2016年6月のトレード成績は、先月末の1,076,603円の対する月利1.5%の16,149円に対し、14,205円という、もう少しという結果となりました。

4月の上乗せ分と合わせると、ちょうどプラスマイナスが相殺されるくらいです。

4カ月をトータルすると9.08%です。
月平均にすると、月利1.5%は達成中です。

今月は何といっても、6月24日の英国EU離脱サプライズが印象に残る月でした。
それまでは5月と同じペースだったので、値動きが小さく、取引回数も少なめでした。

集計してみると、決済の約定回数は1ヵ月で209回という大きく動きのあった数字となってます。
やはり、6月24日の1日で約定回数81回がずば抜けています。

4か月の平均約定回数は、145.25回/月になりました。

約定回数が多いにもかかわらずプラス金額が少ないのは、取引数量を減らしているオーダー番号ばかり使われたのが原因です。

今月は200種類のオーダーのうち、オーダー番号139番~200番の62種類を使った結果です。
英国EU離脱サプライズで大きく動いたので、幅広いオーダーが有効になりました。

結果のグラフは、下図の通りです。

2016-06

低レバレッジ運用で、少しでも運用益をあげるために、長期的にみて長い期間滞在するレート幅のオーダーの取引数量を多くし、少しの期間だけ発生するレートの取引数量を少なくしてします。
(取引数量の調整は、20161023のバージョンアップで改定してます)

今月は少ない取引数量のレートでした。

おかげで、6月24日の激しい値動きの時も、通常通りのオーダーのルールを守って取引できています。

為替相場は予想できないというのが持論です。

予想の確立をアップさせるには、テクニカル分析やファンダメンタル分析など、色々な教材で学ぶことができますが、学習してわかることと、教材通り実行できることは別だと思っています。

特に、重要な「損切」の実行が、心に痛みを生じるので、できるできないの分かれ道かと思います。

私は損切ができずに、何度か失敗を経験しました。
失敗から自己分析ができたので、損切しなくてもロスカットされない取引数量と、ロスカットの可能性が発生した場合の対処方法を事前に決めています。

私と同じタイプの方は、トレード方法を当ブログで無料公開していますので、自分に合ったストレスのない方法を見つけるヒントになればと思います。

7月は英国EU離脱の影響がどのようにでるのでしょうかね。

当ブログで紹介するトレード方法に興味を持たれた方は、ブログ紹介のページから閲覧ください。
 ブログ紹介

月報

2016年5月のトレード成績

2016年5月のトレード成績は、先月末の1,071,654円の対する月利1.5%の16,074円に対し、4,949円という全然届かない結果となりました。

ただ、3カ月をトータルすると7.66%ですので、気にする必要はないですね。

原因は、為替相場の動きが少なかったことに加え、当ブログのトレードでのメイン取引領域からはみでた相場だったことが挙げられます。

決済の約定回数は、1ヵ月で85回で、想定より少ない結果でした。

3か月の平均約定回数は、124回
ちょうど、4月の結果と同じくらいです。

200種類のオーダーのうち、オーダー番号136番~168番の33種類だけ使った結果ですので、非常に少ないですね。

使ったオーダーの種類が少ないほど相場の動きが小さかったことを示しています。

結果のグラフは、下図の通りです。

2016-05

目標に届かない月が出るのはわかっていますが、やはりちょっと残念ですね。

持論ですが、FXで毎月同じ成績を出すのは、不可能と思っています。
為替相場が同じことがありえないからです。

私は、FXで毎月同じ成績を出すことと、スキー場でどんな斜面でも同じスピードで滑ることが似ていると感じています。

スキー場は、急な斜面もあれば、ゆるやかな斜面もあります。
ゆるやかな斜面で、急斜面と同じスピードを出そうとしている人は見かけません。
頑張っても、スピードがでないことがわかっていますからね。

でもFXになると、動きの少ない相場なのに必死に同じ結果を求めてしまうことがあります。

これが原因で、危険なときにポジションをとったりして、リスクを大きくしてしまうことがあって、最悪、FXから退場しなければならないこともあります。

いい時もあれば、そうでない時もあり、平均すると想定通りになっていることを目指せば、気持ちが楽になります。

大切なのは自分のトレードのルールを相場に入る前に決め、相場に入ったらルールを実行するだけにすることです。

6月は、いい相場になることを期待しましょう!

当ブログで紹介するトレード方法を知りたい方は、ブログ紹介のページから閲覧ください。
 ブログ紹介

月報

2016年4月のトレード成績

2016年4月のトレード成績は、先月末の1,054,355円の対する月利1.5%の15,815円を少しだけ上回る17,299円という結果となりました。

2カ月をトータルすると7.16%ですので、いいですね。

決済の約定回数は、1ヵ月で121回でした。
先月の166回と比べると、ちょっと物足りないですね。
200種類のオーダーのうち、オーダー番号86番~148番の63種類だけ使った結果です。
これは為替相場が、今月よりもっと上でも下でも同じようにトレードできる幅を持っていることを示しています。

結果のグラフは、下図の通りです。

2016-04

決済の回数は少なかったですが、想定どおりの金額になっています。

月初めの下落と月末の下落は、その後の上昇の準備ですから、5月も期待できます。
ジャンプするときに膝を曲げる状態のイメージです。

今の相場は、これから当ブログのトレード方法を開始するにはいいタイミングとなっています。
5月から始めると、ちょうど当ブログの3月の成績と同じような成績になるだろうと思っています。

やるならいいタイミングの時がいいと思いますよ。

月報

2016年3月のトレード成績

2016年3月のトレード成績は、月利1.5%の15,000円を大きく超える54,355円という結果となりました。\(^o^)/

注文の約定回数は、1ヵ月で166回でした。
嬉しい約定通知メールが166回も味わえた、いいスタートができました。

結果のグラフは、下図の通りです。

2016-03

想定よりプラスになった金額が多いのは、始めたタイミングが円高で、そのあとすぐに円安方向にレートが動いたためです。

ちょうど3月の前半から中旬にかけて、折れ線グラフの角度が大きいあたりです。
当ブログのトレード方法で想定しているのは、3月中旬から月末にかけての緩やかな上昇の状態です。

この調子で、4月は3月の後半同様のペースになるのではないかと思っています。

4月も期待したいですね。

月報