「上がっても下がってもどっちでもいいや」というトレードが存在します。

2016-06-03

本日の結果は、50円のプラスでした。

米国の雇用統計が発表され、大幅に予想を下回ったことで、リスク回避の円高が優勢になっています。

当ブログのトレード方法を実施していると、今日のような大きな指標が発表される時は、どんな感じだと予想しますか?

正解は、「上がっても下がってもどっちでもいいや」という感じです。

とにかく、動いてくれればいいです。

当ブログのトレード方法は、スワップポイントは重視していないので、為替相場が動かないとまったくプラスになりません。

上がるも下がるも日々動いてほしいと思っています。

日報