2016年5月のトレード成績

2016年5月のトレード成績は、先月末の1,071,654円の対する月利1.5%の16,074円に対し、4,949円という全然届かない結果となりました。

ただ、3カ月をトータルすると7.66%ですので、気にする必要はないですね。

原因は、為替相場の動きが少なかったことに加え、当ブログのトレードでのメイン取引領域からはみでた相場だったことが挙げられます。

決済の約定回数は、1ヵ月で85回で、想定より少ない結果でした。

3か月の平均約定回数は、124回
ちょうど、4月の結果と同じくらいです。

200種類のオーダーのうち、オーダー番号136番~168番の33種類だけ使った結果ですので、非常に少ないですね。

使ったオーダーの種類が少ないほど相場の動きが小さかったことを示しています。

結果のグラフは、下図の通りです。

2016-05

目標に届かない月が出るのはわかっていますが、やはりちょっと残念ですね。

持論ですが、FXで毎月同じ成績を出すのは、不可能と思っています。
為替相場が同じことがありえないからです。

私は、FXで毎月同じ成績を出すことと、スキー場でどんな斜面でも同じスピードで滑ることが似ていると感じています。

スキー場は、急な斜面もあれば、ゆるやかな斜面もあります。
ゆるやかな斜面で、急斜面と同じスピードを出そうとしている人は見かけません。
頑張っても、スピードがでないことがわかっていますからね。

でもFXになると、動きの少ない相場なのに必死に同じ結果を求めてしまうことがあります。

これが原因で、危険なときにポジションをとったりして、リスクを大きくしてしまうことがあって、最悪、FXから退場しなければならないこともあります。

いい時もあれば、そうでない時もあり、平均すると想定通りになっていることを目指せば、気持ちが楽になります。

大切なのは自分のトレードのルールを相場に入る前に決め、相場に入ったらルールを実行するだけにすることです。

6月は、いい相場になることを期待しましょう!

当ブログで紹介するトレード方法を知りたい方は、ブログ紹介のページから閲覧ください。
 ブログ紹介

月報

「上がっても下がってもどっちでもいいや」というトレードが存在します。

2016-06-03

本日の結果は、50円のプラスでした。

米国の雇用統計が発表され、大幅に予想を下回ったことで、リスク回避の円高が優勢になっています。

当ブログのトレード方法を実施していると、今日のような大きな指標が発表される時は、どんな感じだと予想しますか?

正解は、「上がっても下がってもどっちでもいいや」という感じです。

とにかく、動いてくれればいいです。

当ブログのトレード方法は、スワップポイントは重視していないので、為替相場が動かないとまったくプラスになりません。

上がるも下がるも日々動いてほしいと思っています。

日報

マナブはマネブです。

2016-06-02

本日の結果は、0円でした。

2日間、同じペースで連続下落ですね。

米ドル/円もユーロ/円も豪ドル/円もだいたい2日間で2円相当下げています。

パソコンに張り付いて、エントリーのタイミングを今か今かと待っているやり方の人には、なかなかエントリーできず、ストレスが貯まった数日ではないでしょうか?

どんなやり方が自分に合っているか探すのは、楽しくもあり、見つけた時の達成感は大きいでしょう。

でも、すぐ自分にあったやり方にたどり着ける人は少ないと思います。

そんな時は、すでに実現できている人のマネが1番の近道です。

いろいろ情報収集して、真似てみてください。

マナブはマネブですかなね。

日報

トレードの自分ルールを決めてますか?

2016-06-01

本日の結果は、430円のプラスでした。

今日から6月!

でも、先月に引き続きレンジ相場なのでしょうか?

午前中に円安方向に動いていたので、月初からいい感じと思っていましたが、昼から円高方向に反転して一気に動きました。

値動きに合わせてトレードしていると、オーダーのタイミングが難しいと思います。

高確率で当たる情報はあるのでしょうが、失敗した時の痛みが伴います。

ストレスのないトレードを望むなら、トレードに入る前に自分ルールを決めると迷わないのでいいですよ。

日報