損切の次の日に、平常心でトレードできる取引数量が適正。

2017-12-08

本日の結果は、593円のプラスでした。

テストトレードの結果は、567円のプラスでした。累計額は、2362円に戻しています。

来週から、テストトレードで抑えていた取引数量を今の2倍にして運用します。
(本運用は、もう少し多くする予定)

デイトレードの適正な取引数量ってどうやって決めるのがいいか考えたことがあるでしょうか?

口座の金額とレバレッジを決めて取引数量を決めている方が多いのかと思いますが、私の考えは少し違います。

私は、損切になった日の次の日に、平常心でトレードを継続できる金額が取引数量の適正と思っています。

例えば、損切で5000円マイナスになってもキッパリ割り切れる人もいれば、1000円マイナスになっただけで次の日のトレードが怖くなる人もいるかと思います。

自分がどのくらいの金額のマイナスまで耐えられるのか考えておくのが良いかと思います。

日報