よくあるご質問(Q&A)

FXはこわいイメージがあるので不安です。
FXで大きくマイナスになった記事が多いので不安になる気持ちはよくわかりますし、正しいと思います。FXはレバレッジ(英語で「てこ」を意味する言葉で、少額で大きな取引ができる仕組み)運用が可能ですので、元本の25倍の額までトレードできてしまいます。そのため、ハイリスクハイリターンの運用をして失敗する事例が目立っています。FXは多種多様なトレード方法が選択できますので、ローリスクローリターンで運用すれば、リスクを抑えられます。(リスクゼロではありません)FXはこわいイメージがありますが、正確にはこわいトレードもできるし、リスクを抑えたトレードもできるというのが正解です。当ブログは低レバレッジ運用の方法を採用していて、レバレッジは最大2.74倍までとしています。
本当に誰でも同じようにトレードできますか?
できます。当ブログで紹介しているトレード方法は、すべてIFD(イフダン)注文で行っています。(IFD注文は、新規注文が約定したら、決済注文が自動的に注文されます。)通貨ペア・取引数量・オーダー方法・注文と決済の金額のすべてを事前に決めた150種類の注文を紹介していますので、誰でも同じようにトレードできます。ただし、約定通知メールが届いた後に、すぐ再注文できる環境が必要です。
150種類の注文以外はやらないのですか?
やりません。為替相場が150種類の注文の領域外になってしまった場合は、トレードしません。「休みも相場なり」の格言を実行しているとご理解ください。
複利運用は可能ですか?
可能です。当ブログでは、毎月のプラスが目標の額に達するまでは複利で増やしていき、達成されてから単利に切り替えて、毎月FX口座から引き出して使う流れを推奨しています。
月利1.5%の複利運用って、年利どれくらいですか?
複利で年利19.56%です。単利だと18%です。ブログ開始からの12カ月の実績は、21.43%でした。ウォーレン・バフェット氏は「バフェットの教訓」(徳間書店)で「目指す年間の収益は20%である」と言っていますので、自信を持って適正な運用率だと判断しています。
史上最安値を超えたらどうなるのですか?
史上最安値を超えたら負けます。当ブログでは、トレード方法をあらかじめ決めていることに加え、負け方も最初から決めています。史上最安値を超えたら、最安値更新1回につき4.5%負けるようにルールを決めています。
含み損は最大どのくらいになるのですか?
含み損は、最大82.2%になります。この数字はロスカット基準値よりちょっと前のあたりです。その後は、リスクヘッジ対策が実行されて、解除されるまで含み損が固定されます。ブログを開始した2016年3月1日からのトレードで、最大の含み損になったのは英国のEU離脱ショック直後の2016年6月27日の19.06%です。
いくらあればトレード開始できますか?
元本1万円から開始できます。当ブログのトレード方法は月利1.5%前後の運用率なので、1万円だと月150円のプラスにしかなりません。いくらの運用資金でトレードしても手間は同じですので、最低10万円からを推奨してます。できれば100万円からが望ましいですね。
FX会社は、SBI FXトレード以外でもトレード可能ですか?
運用資金によっては可能です。運用資金が100万円以上であれば100通貨単位のFX会社でトレードできます。運用資金が1000万円以上の場合は、1000通貨単位のFX会社でトレード可能です。
友達に紹介する場合、何か特典ありますか?
あります。お友達を紹介する方と紹介される方の双方に特典があります。詳しくは、お友達紹介についてのページを確認ください。